カロナールが新型コロナの影響で出荷調整!手に入れるための方法は?

カロナール新型コロナウイルス感染症の感染者数が爆発的に増加していることを受けて、2022年7月29日に製薬会社の「あゆみ製薬」がカロナールの出荷調整を発表しました。

カロナールはアセトアミノフェンを配合した解熱鎮痛薬であり、感染症による発熱の治療に使用されています。

カロナールの出荷調整で起きる影響は?

医者あゆみ製薬によるカロナールの出荷調整による影響はさまざまですが、その中でも特に大きいのが処方してもらいにくくなるということです。
処方されても最低限の量のみの処方となり、多めに処方してもらうということができなくなってしまいます。

これは、新型コロナウイルス感染症の増加によってカロナールの需要が高まるとともに、出荷調整よって薬局などへ入荷するカロナールの量が減少するため、病院や薬局では処方できる量に限りが生まれてしまうわけです。

また、出荷調整によって供給が減少すると、カロナールを必要とする方が集中してしまうと在庫切れとなってしまい、処方してもらおうにも在庫がないため別の薬局へ足を運ぶなんて言う必要も。
出荷調整で別の薬局でも在庫切れとなっていれば、また更に別の薬局へなんてことになり気づけば薬局をたらいまわしにされてしまうなんて言う状況になることも。

もちろん、そうしたことが起きないよう、出荷量を調整しているわけですが、いつ自分が住んでいる地域で爆発的にコロナ感染者数が増えるかもわかりません。
そのため、出荷調整に対しては適切に対策を立てておくことが重要なのです。

カロナールの出荷調整に対する対策はある?

ドラッグストアカロナールの出荷調整が始まっており、既に処方される量などの部分で影響が出始めていると言われています。
では、そんな今、この出荷調整に対してどのような対策があるのでしょうか?

出荷調整は既に開始されているため、いまから処方してもらっておいて新型コロナウイルス感染症に備えておくというのはあまり有効ではないと言えます。
ですが、カロナールの配合成分であるアセトアミノフェンを配合した一般薬をドラッグストアなどでも購入することが可能です。
そのため、ドラッグストアなどで同じ成分を配合した一般薬を購入して備えるといったことは可能です。

ただし、一般薬をドラッグストアで購入する場合には注意点があります。
その注意点というのは、成分量の違いです。
病院で医師から処方されるカロナールと成分量が違っている一般薬は少なくありません。そのため、アセトアミノフェンを配合しているから同じ効果に期待できると思っていたのに、成分量が違うため十分な効果を得られないなんて言うこともあります。
そのため、一般薬を購入して備える場合は、服用量などを考える必要があります。

カロナールの出荷調整対策が手軽になる方法

個人輸入で注文する女性新型コロナウイルス感染症の感染リスクは高まっていますし、感染後の重症化しないという保証はない上に、軽症であっても後遺症のリスクもついて回ります。
そのため、消炎解熱薬のカロナールなどを使いながら重症化を防ぐことで、最悪の事態に陥るリスクを減らすというのは非常に重要です。

しかし、出荷調整が既に始まっており、余分に処方してもらうことも難しいカロナール。爆発的に増えている新型コロナウイルス感染症対策の一環として、常備しておくことに越したことはありません。

そんな時に役立ってくれるのが個人輸入です。海外から直接、海外で作られるカロナールを輸入して手に入れるという方法であり、この方法を使うことで出荷調整によって手に入れにくくなっているカロナールを容易に手にすることが可能です。

また、個人輸入であれば、病院への通院も必要なく、まとめ買いもできるようになっています。
そのため、ある程度まとめて購入しておいて常備しておくといった時も役立ってくれます。

カロナールの出荷調整はいつまで続くのか?

出荷調整が既に始まっているカロナール。では、この出荷調整が終わって、以前のように処方してもらえるようになるのはいつ頃になるのでしょうか?
実は、出荷調整が終わる時期というのは誰もわかっていません。
新型コロナウイルス感染症の感染者数が今よりも、大きく落ち着いていけば次第に解除という流れになるでしょうが、今から更に増える可能性もゼロではありません。
それ故に、いつまでこの出荷調整が続くのかが不明です。当然、それは海外でも同じであるため、今は個人輸入を使えばカロナールを簡単に手に入れることが可能ですが、海外で爆発的に感染者数が増加したりすると、海外のカロナールも手に入れにくくなるといったことも十分に考えられます。

そのため、手に入れることができる今の間に輸入して常備しておくというのが、最も効率的な対策といっても過言ではありません。
新型コロナウイルス感染症の対策をしておきたい。そうお考えの方は是非一度、個人輸入でのカロナールの輸入を行ってみてはいかがでしょうか。

カロナール
ジェネリック

カロナールジェネリック

100錠
2,570円
  • 1錠あたり 26円
アセトアミノ
フェン錠

アセトアミノフェン錠

24錠
1,400円
  • 1錠あたり 58円
カルポル6
プラス

カルポル6プラス

1本
2,900円
  • 1本あたり 2,900円