ロキソニンの出荷調整によって、私たちに何か影響が出るのか?

ロキソニン新型コロナウイルス感染症の感染者数の急増を受けて、製薬会社のひとつ第一三共が解熱鎮痛薬である「ロキソニン」の出荷調整を開始しました。

これによって、ロキソニンの出荷は取引先を優先することになり、これまでと比べてロキソニンを手に入れるのが難しくなるのでは?と懸念されています。

出荷調整はなぜ行われるのか?

ロキソニンの出荷調整を開始したと発表がありましたが、そもそもこの医薬品の出荷調整にはどのような意味があるのでしょうか?

そもそも、医薬品の出荷調整はさまざまな原因によって医薬品不足によって供給不足が起きることで発生します。また、医薬品が減少してから行われるケースの他に、これから先足りなくなるだろうといった予測から出荷調整が行われるケースもあります。
後者の場合は、出荷調整を行うことでそもそもの医薬品不足を抑えて、必要な人に必要な医薬品を出来るだけ届けることが可能となります。

今回、第一三共によって開始されたロキソニンの出荷調整は、後者のこれから先を見据えての出荷調整となるため、直ちにロキソニンを手に入れることが難しくなるということはなさそうです。

ロキソニン出荷調整の対策法は?

ドラッグストア既に出荷調整が始まっているロキソニンですが、既に全く手に入れることができなくなっているというわけではありません。

しかし、今後手に入れることが難しくなってきた時のために、今から処方してもらっておくというのは有効な方法といえるでしょう。ただし、そのためには病院での診察を受けて処方してもらうといった必要があるため、容易にロキソニンを手に入れるということはできません。

ドラッグストアなどで購入できるロキソニンを購入するという方法もありますが、ドラッグストアで販売されているロキソニンは病院で処方してもらえるものよりも効果が抑え目になっているため、十分な効果に期待する場合には適していません。

そこで役立ってくれるのが、個人輸入の利用です。

出荷調整には個人輸入で対応できる

注文する女性ロキソニンの出荷調整が始まっており、今後手に入れることが容易ではなくなってしまう可能性はゼロではありません。

そうした状況になったときに、新型コロナウイルス感染症に感染してしまえば、治療のための薬が十分に手に入らずに大変な思いをしてしまうなんて言うことも。

こうした出荷調整の時にでも役立ってくれるサービスが「個人輸入代行」のサービスです。

通販感覚で医薬品を輸入することができる上に、今回出荷調整が開始されたロキソニンの輸入も可能となっています。

ロキソニン

ロキソニン 60mg

日本国内でも広く処方されている解熱鎮痛剤です。頭痛をはじめ生理痛や歯痛など様々なタイプの痛みに対して有効です。

海外からの輸入となるため、日本国内での出荷調整に影響されることもないため、出荷調整で手に入らなくなる前に輸入して備えておくといったことができる上、輸入では病院での診察などの必要もありません。

そのため、簡単かつ手軽にロキソニンを用意できるので、今後のために備えておくという時に非常に役立ってくれます。